神保町駅はまるでダンジョン

今、新谷が神保町駅に到着してから編集部があるカラフルピープル神保町に辿り着くまでは、それ自体が一つの大冒険みたいになっています。

 

朝、都営新宿線の本八幡行きのホームに電車が到着します。車椅子が乗れるのは先頭車両か最後尾車両です。本来はどこの車両に乗っても良いはずなんですが、東京都交通局に電話したら、このどちらかに乗って来てくれと言われたのです。まあ最後尾が一番便利なので、最後尾車両でオーケーなのですが。

 

車椅子ユーザーでなければこのホームからカラフルピープル神保町までは簡単です。2番ホームから真っ直ぐ改札を出て、A4出口の階段を上れば靖国通りですから、右に行って「ラーメン二郎」の行列が見えたら右折。「ラーメン二郎」の次の交差点を左折で直進です。

 

ところが新谷の場合、まず2番ホームの新宿寄りのどん詰まりにあるエレベーターで地下二階に下り、向かいにあるエレベーターで再び地下1階、都営新宿線1番ホームに出ます。ここからホーム中程まで行き、かなり急なスロープを下りて改札を出ます。次に左に向かい、延々と地下通路を移動して果ての果てにあるA9エレベーターで地上へ。

 

ここは編集部から一番遠い出口です。呪いかよ。

 

ここからカラフルピープル神保町まで650m。A4出口からなら280mなのに!

 

歩道は段差がいっぱいなので、現状では新谷一人では突破出来ません。早く電動にしないと。