what's new

リオ・パラリンピックの金メダリストとニューヨーカーたち

今朝のニューヨーク・タイムズの記事です。

 

Strangers Help a Wheelchair Racer (and Find Out Later She’s a Gold Medalist)

 

ニューヨーク・シティ・マラソンにリオ・パラリンピックの車椅子マラソンの金メダリストが参加していたはずなのに、いつまで経ってもゴールしないので、一体どうしたんだろうと他のパラリンピアンたちが首を捻っていた頃、彼女はパンクで立ち往生していたのですが、警備の警官たちやボランティアたちは彼女が金メダリストだと気づかないまま、スマホの自動翻訳機能を頼りに草の根交流をしていたというお話。

 

Zou began the day with a flat, but ended it with a New York moment. Before saying goodbye, the group exchanged texts and shared the photo of Zou and Officer Valentin, making a big city feel a little smaller.

As Zou left Brooklyn in the van, her support group still didn’t know about the gold medal. Then someone looked up her name online.

“Only later did we find out and say, “Oh my gosh!’ ” Kulesh said.

 

Zou Lihong選手は小児麻痺で車椅子ユーザーになったそうですが、中国ではまだまだ障害は恥ずべきものとされており、それはパラリンピックの金メダルでもあまり変わらなかったのだとか。しかしパラリンピックで勝ったことでニューヨーク・シティ・マラソンに招待され、世界が広がったとのことです。

0 コメント

編集長あいさつ

WHEELers' Chairは車椅子を徹底的にアクティブに、そして自由に楽しむための情報を発信するサイトです。

 

車椅子を使っているからといって、遊ぶこともお洒落することも行動することも妥協しない。そんなサイトを、車椅子ユーザーの力を合わせて作っていけたらと思っています。

 

WHEELers' Chair編集長 新谷直也